2006年12月14日

LAST LIVE DVD。

ここ最近、何だろう? またSOFTBALL関連の話題で声がかかる事が増えてきた。先月末に行なった「ファンの集い」が回り周りに廻って、全国的に良い雰囲気の空気が流れ始めたか…。この集いは短い時間だったけれど、ファンにとっても僕らにとっても相乗的な追い風になったのかもしれない。内容も濃かったと思うし、秋茜などのリリースが無い時期に、支えてくれているファンの温かさを深く感じた。

多分この頃からか、LAST LIVEの再発を望む声が増えたのは…。


人生の山あり谷あり、色々起きる出来事は必然性があって来るのだと思う。


SOFTBALLのLAST LIVEの映像は、個人的には3年以上は観てなかったと思う…。

解散してすぐ後は、映像の編集確認で何十回も見ていて、凄く細かく注意しながら見ていたのですが、それであまり見過ぎていたせいなのか、その後は正直、全く見ていませんでした…(笑)

softballlastlivedvd.gif


3年以上経ってから見る映像…。その変化が、凄く良くわかる。

まず、時代の流れがすっかり変わってきた…。「硫黄島からの手紙」などの映画の上映や、中国や韓国からの「反日」感情に日本全体が考え始めたり、日本の良い文化を振り返ることに国民全体が動き始めている。

当時は、ライブ会場で流したSOFTBALLのファンに贈る為の特攻隊の映像も物凄く批判を浴びたし、それに理解さえない世の中がそこにはあった。

今、思うとこれはかなり前衛的な挑戦だったと感じた。

この会場にいてくれた世代が、色々と考え始めて今の日本の流れが出来てきているのだとしたら、それは素晴らしいことなのだろう。

あらためて見てみると、懐かしい顔のみんなが出ている。そして、純粋というか、表情がとても良い。

しかし、残念ながらこの会場に来ていた人達のほとんどはこの映像は届いててないんです。

500枚限定で、お世話になった関係者とラストツアーに参加してくれたファンの一部の人しか入手出来なかった貴重なDVDとなりました。

当時、ライブ来場してくれたお客さんを特定する方法がなくて、アンケートを書いてくれた人の、その住所を手がかりに告知を送りました。
その中には、アンケートを書いてくれたんだけれど、無記名だったり、興奮と悲しさのあまりか震えた文字で、全く解読不可能な連絡先であったり、そういう理由で告知を送れなかった人もおります。

それと案内を出したのですが、3年前はまだ家庭用DVDプレイヤーの普及率もそんなに高くなく「DVDは見れないから…」という理由で断念した人もおりました。


なので、その後にこの「LAST LIVE DVD」の再発を望む声がずっと続いていました。

今年の夏くらいまでは、再発の声もだんだんと落ち着いていましたが、最近また増え始めて今に至ります。

この頃にライブに来ていたみんなも働くようになって、ふと、昔を懐かしむ余裕も出てきたのかもしれません。

もしくは、DVDプレイヤーを最近購入したか?(笑)


つい最近、mixiでもこのLAST LIVEにリアルタイムで参加してた人からメールを頂きました。懐かしくもあり、大変嬉しくもありです。

いい思い出として、この日の事を忘れずに大事にしてくれている人達も他にも沢山いて、それを考えると再発もしたほうが良いとも…。

今、観てもいいと思える映像です。そう思うのも、この場にいたからかなぁ…?

最後のアンコールは「DIG」なんですね。それまで、映像スタッフがいたからみんなステージとか邪魔にならないようになっていたみたいですが、最後はいつもの感じで終わっています。これこそ、リアルな当時のライブを観られる1曲だと思いました。演奏部分は(アンコールの間を抜かして)ノーカットなので、音源に関してもカットなどの編集は無いです。

この感想は、書ききれません…。


検討中です…。
posted by NAKAMURA at 00:34| 千葉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう解散から3年以上たつのですね
実際にアノ場にいることが出来、今でもアノ衝撃は薄れないですね。とてもここでは書ききれないですね。
当時は戦争の話をしようものなら白い目で見られるか、戦争反対の一言で片付けられてしまう感じでしたし、本当にかわりましたね。
最近は仕事が忙しくなかなか関東までライブを見に行けませんが、お体に気を付けて頑張ってください
Posted by マツイ at 2006年12月15日 01:43
SOFTBALLのLAST LIVE。
中村さん主催で上映会なんてどうですか?

純粋に「観たい人が観られる」企画になりますし、
完全に非営利であれば法的にも問題ないと思います。
ハコおさえるくらいはファンが頭割りで(笑)

「SOFTBALL世代の2007年問題」を捌く中村さんの手腕に期待してます(笑)

Posted by A嬢 at 2006年12月15日 17:03
SOFTBALL時代のライブは一生忘れないでしょう。思えば109の野外ライブからはじまり今にいたります。ライブ会場で日章旗がなびいた光景は今でも鮮明に覚えています。
あとナカムラさんのモヒカンから、かなりの気合を感じましたよ!!
Posted by HAGI at 2006年12月16日 03:59
>マツイさんへ
お久しぶりです。僕は名古屋でのマツイくんとの思い出は打ち上げ後のラーメン屋。どう見てもいじめっ子の僕がマツイくんの人柄が気に入って絡んでたことです。そんな思い出かい!って(笑) あとは、開聞岳のクラクションの話が印象的で、そういうイメージが最初に出てきて、勝手に嬉しくなってます(笑)
最後の名古屋は体力的にも限界で「帰ったら死ぬな」と思ってました…。でもおかげ様で元気になりました。

>A嬢へ
ってA嬢は呼び捨て(笑) あの時期は、パソコンのキーボードを打つのが精一杯で敬語を使うほど余裕がなかった(笑) 懐かしいです!

アイデアありがとうございます! 上映も考えたのですが、鹿児島の方たちには酷かと…。SOFTBALLは九州に熱烈ファンも多いんですよ。

「2007年問題」まだまだ課題は多いですね! また何かありましたらぜひコメントお願いします!

>HAGIさんへ
HAGIさんっていつから来てるんですか?? 109からはじまりって…。ありがたいです!
ビデオの映像からHAGIさん探しちゃいそうです(笑)
モヒカン、最後だし…。でもツアー中に体調崩して救急病院に運ばれましたが、病院の風景とモヒカンは全く合いませんでした(笑)

昔の映像を見て思い出すのは、タワーレコードのインスト…。ダイブ禁止で、ダイブしたら会場から出ないといけないんですが、それをファンが強行してどんどんと観客が減っていくのが、心の中ではおもしろかった…(笑)

タワーレコード様、その節は、すみませんでした!ご迷惑おかけしました!!この場を借りてお詫び申し上げます。

皆さん、また、思い出話があればお聞かせ下さい!
Posted by NAKAMURA at 2006年12月21日 02:32
こんにちは。私は2015年の今更softballファンになった者です。もう読んですらいただけないかもしれませんが(笑)とにかく今更、softballという素晴らしいバンドの存在を知ったんです。今、私は25なので、当時知っていたらライブ行ったのに!と悔やまれて仕方ありません。今メンバーさんはお元気なのか、バンドはもうされてないのか、などなど思うところはたくさんあるのですが、知る術がないので、とりあえずCDやDVDを漁っている状況です。このLAST LIVE DVDも、以前ヤフオクにて見つけたのですが9800円とお高く、断念してしまいました(悲)。お恥ずかしながら私も歌を作っており、softballの音楽に対する真摯な姿勢には共鳴する部分があるのです。また、私は広島の人間なので戦争に関する歌を若い人が歌うことに大変関心があります。日本のガールズバンドの中でもかなりの異彩を放つバンドだと思います。大好きです。メンバーさんにお会いしたい!ライブを見たい!が第1の希望ですが、なにも手がかりのない今、せめてこのLAST LIVE DVDを見たいっ!再発してほしい!が率直な意見です。
Posted by ひとみ at 2015年11月20日 23:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。